脳梗塞後遺症

脳梗塞後遺症

脳梗塞後遺症は、脳梗塞によってもたらせれる後遺症で様々な症状があらわれます。
代表的なものは運動障害、視覚障害、記憶障害、言語障害、感覚障害です。

・運動障害

たとえば,脳の運動機能に関係する部分が壊死してしまえば、
マヒが残ることが予想されます。
この場合からだの片方だけが麻痺する片麻痺と呼ばれる後遺症があります。

・視覚障害

脳の視覚中枢の細胞が影響を受けた場合、
視野障害(失明,視力低下など)の後遺症が引き起こされます。

・記憶障害

脳の知的中枢の細胞が死んでしまった場合、認知症などを引き起こす場合もあります。

・言語障害、感覚障害

うまく自分の思ったことをしゃべれない、相手のしゃべってることが理解できない
字が読めなくなる、字がかけない。
施術内容・効果

マッサージ、ストレッチ、関節運動などで関節可動域改善を行います。痛みの軽減、血行促進などが期待できます。痛みの強い箇所は無痛鍼なども行います。

脳梗塞後遺症1 脳梗塞後遺症2 脳梗塞後遺症3
施術内容・効果

脳梗塞後遺症(右麻痺)の患者様へ下肢筋力強化運動、起立訓練、立位保持訓練、内転筋筋力強化運動を行ないます。
脳梗塞後遺症1
脳梗塞後遺症2
脳梗塞後遺症3

施術内容・効果

脳梗塞後遺症(右麻痺)の患者様へ下肢筋力強化運動、起立訓練、立位保持訓練、内転筋筋力強化運動を行ないます。

脳梗塞後遺症4
脳梗塞後遺症5
脳梗塞後遺症6

脳梗塞後遺症7
脳梗塞後遺症7

 

tel