大腿骨頸部骨折による後遺症

大腿骨頸部骨折による後遺症とは?

大腿骨頚部骨折とは太ももの骨(大腿骨) の脚の付け根に近い部分の骨折です。

股関節の関節包の外側で骨折する「外側(がいそく)骨折」と、関節包より内側で骨折する「内

側(ないそく)骨折」とに分けられます。

関節包とは、文字通り関節の包みのことで、この内側が関節の中、ということになります。

関節包の外側は血流がよいため骨がくっつきやすいのですが、内側は血流が乏しいため折れ

た骨はなかなかくっつきません。

そのため両者では治療法が異なります。

 

どんな症状?

典型的には骨折した直後から脚の付け根の痛みと腫れがあり、歩くことができなくなります。

内側骨折よりも外側骨折の方が症状は激しく、外側骨折では骨折したところからかなり出血す

るため、 早期に適切な処置を行わないと貧血が進んで危険な状態になることもあります。

骨折のタイプや程度によっては骨折直後は痛くなかったり、立ち上がったり歩いたりできてしま

う場合があります。

また脚の付け根ではなく膝が痛くなることもあります。

認知症のある方の場合にはしばらく気づかれないこともあるので注意が必要です。

 

治療法

治療法は大きく分けて手術療法と保存療法があります。

大腿骨頸部骨折による後遺症の訪問マッサージなら

「あいの訪問マッサージサービス」へお任せ下さい。

※訪問エリア
東住吉区、住吉区、平野区、阿倍野区、天王寺区、生野区
西成区、住之江区、東淀川区、東成区
tel